女性は感情的である

よく「女は感情的だ」といわれますが、本当にそのとおりで、女性は男性よりも「感情」を 重視した考え方をしています。

それには、脳の仕組みが関係しています。

脳には左脳と右脳があります。その左脳と右脳をつなぐ橋の役割をする脳梁という部分、こ れが男性より女性のほうが太いのです。

のうりょう

そのため、女性は左脳と右脳の情報のやりとりが活発です。この大量の情報を処理するため に、女性は「感情」を使って考えます。

なぜなら、1つひとつの情報を正確に分析していたら、いつになっても判断が下せません。

だから、「なんとなく」で判断が下せるように感情を使うのです。 感情は、大量の情報を効率的に扱うための仕組みなのです。

言い換えると、女性は感情に強く訴える物事に弱い面があります。

よくナンパの達人が「女性をホテルに誘って断られても、最後に土下座をすればOKになる

こともある」と言います。 実際にこれは正解です。お金を渡すよりも効果があるでしょう。

なぜなら、土下座をすることによって、女性の感情に強く訴えかけることができるからです。

「ここまで真剣にお願いされるのだから」と女性の感情が判断し、ホテルに行ってもいいとい う結論になるのです。

女性に接する時は、女性の感情に訴えかける行動」をするとよいでしょう。

 

■女性はチェックが厳しい

女性は、男女問わず目に入る人の洋服や髪型などのチェックをよくしています。

男性からすると、自分に関係ない人、ましてやすれ違っただけの人の格好など、よほどのこ とがなければ目に止まりませんが、

女性は「ねえねえ、今の人が着ていたシャツ……」などと 話しかけてきます。

なぜなら女性は、男性よりも広い範囲が見えているからです。

 

何も服装だけではありません。マナーや態度、会話内容などもチェックしています。

これは恋愛の場面でも同じです。

 

無意識に相手の男性をチェックします。