女性は付き合った後に男性を好きになる

男性は付れやすい生き物です。 女性と目が合っただけで他れてしまうことも少なくありません。

しかし、女性は男性ほど惚れやすくできていません。

男性が、付き合う前から女性のことを強烈に好きになってしまうのに対し、女性はアプロー チされる中で、徐々にその男性のことが気になっていくことが多いのです。

そして、気持ちの ピークは、付き合いが成立した後にやってきます(男性のピークは、付き合う前)。

実はこの関係、生物的観点からすると非常によくできています。

男性がアプローチを仕掛けたら、女性が惚れていくわけですから、両想いになる可能性は高 い。男性にとっては、非常にありがたい仕組みと言えるでしょう。

イケメンとは言い難いお笑い芸人が、女性タレントやモデルと付き合っているのを不思議に 思ったことはありませんか?

彼らは「振られるのが怖くない」(と思える)ので、たとえ不釣り合いであったとしても、 積極的に女性に声をかけていきます。

女性は誘われると徐々に気持ちが盛り上がっていくので、 アプローチをされているうちにうまい具合に恋愛感情が湧けば、たとえ不釣り合いであったと しても付き合えるようになるのです。

この仕組みを理解しておくことは非常に重要です。

女性にアプローチをかけることが、相手に好きになってもらうための第1ステップ。つまり、 貴方が何もしなければ、恋愛は生まれないのです。

 

■女性は気遣いを期待している

女性は「子どもを産み、育てる性」なので、人の世話を焼くことに価値を感じます。

 

顔色が悪い人がいたらその人が何か言う前に薬を持って行ったり、病院を紹介したりします し、夏の暑い日に誰かが訪ねてきたら、「ノドが渇いているだろうな」と思って、お茶を準備 します。

 

さらには、おかわりまで考えます。 「ところが多くの男性は、困っている人がいるのに気づいても、「困っているのなら、向こう から声をかけてくるだろう」とか「こっちから声をかけたら逆に迷惑がられるんじゃないか」 と考え、自ら動くことまでにはつながりません。

この男性の考え方をそのまま女性に当てはめると失敗します。 一人の世話を焼いたり、人に対して気遣いをしたりすることに価値を感じているので、女性の

価値観として、「気遣いはとても大事なこと」という認識があるからです。そのため、気遣い をしてくれる男性に女性はなびきやすい特徴を持っています。

女性が困っていそうなら「大丈夫?」と自分から声をかけることができると、女性からの評 判がよくなります。

女性と同じ行動を取ることによって、女性に「この人はわかっている」と 思われ、好かれるのです。

女性は「気遣い」をおおいに求めている、そのことを覚えておいてください。