モテるために貴方がすべきこと

イケメンでなくても、人はモテることができます。努力次第です。

 

ただし、努力をすればいいわけではありません。方向を誤った努力を重ねてもムダです。

 

し かし、多くの男性がこのムダな努力、勘違いをしています。

「たとえば、モテたいと思って、雑誌広告で見た「体を鍛えて女性にモテよう」という言葉を 真に受け、体をひたすら鍛え、ムキムキになった。

 

たしかに女性は、引き締まった体に対して魅力を感じます。

 

しかし、ムキムキの体に魅力を 感じる女性はあまりいません。

「気持ち悪い」と感じる女性さえいます。

ただ単に鍛えればい いってものではないのです。

女性におしゃれだと思われたいからと、雑誌などで紹介されている服やクロス(十字架)の ネックレスなど、かっこいいアイテムをファッションに取り入れた おしゃれな男性に対して女性は魅力を感じますが、使いこなせていないアイテムをくっつけ

ているだけでは、「ひどいファッションセンス」だと思われ、「一緒に歩きたくない」と避けら れてしまうことにもなりかねません。

ちなみに、クロスのネックレスやバックルの大きなベルト、ベルトの横につけるチェーンな どといった男性からすると「強さ」を示せるアイテムは「地雷アイテム」と言われています。

これらを使いこなすには、スタイリストになれるくらいおしゃれに凝っていないと失敗する可 能性が高く、先ほどのように女性ウケが悪いからです。

大人になってモテている男性の多くはこれらの勘違いを一度実行し、「意味がない」ことを 学び、モテるために本当は何が必要なのかを理解したからこそ、現在のモテ状態になっていま す。

勘違いやムダな努力は、誰もが通る道なのです。

しかし、誰もが通る道だからといって、貴方がわざわざ今からムダな努力をする必要はあり ません。

それこそムダ。最短でモテるために、この記事があるためです。