モテも経営も戦争も一緒

恋愛は相手があって初めて成立するもの。

自分の欲望を叶えるより前に、相手の欲望を叶えてあげる。

そうすれば、自然と相手に好か れます。これがモテの本質です。

自分の理想は置いておき、まずは相手のために行動する。

相手を楽しませる。それができた 時、恋愛が成立するのです。

「自分から動くのはイヤ。女性から寄ってきてもらって、告白してもらいたい」と思っている だけでは、残念ながら彼女はいつまでたってもできません。

すぐに考えを改めましょう。こう いうことができるのは、男性の中でも100人に1人レベルのイケメンだけ。

ホストだって、女性を喜ばせる努力をしているからこそ、女性が近づいてくるのです。

女性を楽しませよう、女性の欲望を叶えよう、女性の好みの男性になろう。 こうした努力をしているから、モテるのです。

 

■モテも経営も戦争も一緒

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

「これは古代中国の兵法家、孫子の言葉で、「敵の兵力・装備・陣形・武将・作戦などに関す る情報を得て、自軍の情報を理解していれば負けることはない」という意味です。

 

第2次世界大戦の時、アメリカは孫子の兵法を徹底的に研究し、戦略という概念を確立しま した。

古代の兵法が、近代の戦争にも活かされたのです。結果は皆さんご存じのとおりです。

この戦略という概念、今では経営にまで応用されています。

経営学の世界なのに、軍事用語 である「戦略」が使われているのは、経営学が軍事の世界から派生したからなのです。

そして、恋愛の世界でもまた、この戦略という概念が使えます。

○敵を知る

まずは女性を知ることから恋愛は始まります。

女性の考えがわかれば、女性の好みのタイプ に近づくことも可能です。女性との会話も盛り上がりますし、女性を楽しませることもできる ようになります。

○己を知る

好きなテレビ 自分(己)が今、どういう状況にあるのか。

服装は?髪型は? 趣味は? は? 1つひとつ分析していけば、女性から見て何が足りないのか、そして何が魅力になるの かを知ることができます。

孫子の言う「敵を知り、己を知れば」を実践できれば、恋愛の世界でも成功します。 当然です。普通の男性はここまで考えて行動していないのですから。