「愛に犠牲はつきものだ」と 本気で思っている

■女性は犠牲を求める生き物

引き続き、女性の特徴を見ていきましょう。

女性は「犠牲」というものに価値を感じる生き物です。

男性は金を持てば、愛も手に入るし、健康も手に入るし、地位も手に入る、言うなれば「芋 づる式」になんでも手に入る、という考え方、哲学を持っています。

しかし女性は、「何かを手に入れた時には何かを失う」と考えます。

実際、女性の世界では、 そのような仕組みになっていることが多いのです。 たとえば学歴。

女性は学歴を手に入れると、恋愛に不自由をきたす可能性が高まります。

東大卒の女性がいたとします。

 

女性が社長である場合も同じです。

 

多くの男性は、「女性社長」と聞くとデートに誘うのを ためらうでしょう。

男性の場合は、「東大卒」「社長」になると金も地位も恋愛も手に入れやすくなるのに、女性 は失うものが増えていく一部を除き、そういう仕組みになっています。

そのため女性は、「犠牲」について、強く意識して生きています。「愛に犠牲はつきものだ」 という哲学も、ある意味当然なのです。

さらに、この女性ならではの哲学を、男性にも求めてきます。「私のことが好きなら、何か 信料を払ってくれるよね」と考えるからです。

したがって、女性に愛情を示す時には「犠牲」を見せると効果的です。女性が男性にオゴっ てもらえるのを「うれしい」と感じるのも、男性が女性と食事をするために、「お金」という 領判を払っているから、プレゼントを喜ぶのも同じです。そこに犠牲があるからこそ、愛を強 く感じられるのです。